介護タクシー,年配者の身近な足として
介護弁当,手頃な価格で栄養バランスのとれたお弁当
お得な情報,ゆたか薬局のオトクをお知らせ
店舗のご案内,お近くのゆたか薬局
ヘルシートピックス,毎日の健康に役立つ情報をお知らせ
介護サービス,年配者の毎日の安全を見つめて

正しい足の着き方

2014年06月19日

みなさん、こんにちは。

 

前回、正しい歩き方について書きました。

かかとをゴツンと地面につくのではないですよ」と言いましたが

決して「かかとを全くつかない」ということではありません。

 

 

ランニング指導のときにも同じことが言っているのですが、

足のどこをつくのか、ではなくて、足をどこにつくのか、が大事ということです。

 

試してみましょう。

 

①足を自分の身体よりもなるべくについて歩いてみてください。

どうなりますか?

 

②足を自分の身体のそばに(身体の真下に) つくようにして歩いてみてください。

今度はいかがでしょう?

 

 

①で歩くとどうしてもかかとがゴツンと地面にぶつかってしまいます。

裸足だと痛いですね。

痛いということは、間違った歩き方だということです。

 

一方、②で歩くと自然と足の裏全体を柔らかくつく歩き方になると思います。

これだと痛くありません。衝撃も①よりもかなり少ないです。

 

たまに雑誌やテレビで言われている「足を大きく振り出して大股で・・・」

という歩き方、実際やってみるとかなり酷な歩き方だというのが分かりますね。

 

いろんな情報を取り入れるのも大切ですが、

まずは自分の身体の感覚で確かめてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

サイト内検索